環境への取組み

株式会社ディグは、環境保全への取り組みとして、中小企業向けの環境認証・登録制度制度である「エコアクション21」を取得しています。
環境管理責任者が、環境カウンセラーや中小企業向けに事例紹介の講演を行い、好評を博しています。
これを機に当社
では、企業向けの環境活動レポート作成のお手伝いとして、環境活動のコンサルティング及びサポート、レポートの企画およびデザイン 検討、DTPデータ制作、印刷及び製本までを事業として行うことを始めました。皆様からのご依頼を心よりお待ち申し上げております。

エコアクション21

<基本理念>
当社は、社会の一員として地球環境保全が人類共通の課題であることを認識し、経営の最重点課題の一つに位置付け、事業活動の全領域で環境保全に配慮し、行動することにより、住み良い環境の実現とその環境の次世代・次々世代への継承に貢献します。

<行動指針>
当社は、事業活動が環境に何らかの影響を与えていることを認識した上で、印刷事業全般を行っていることを踏まえ、特に、以下の環境保全活動を推進します。
事業活動の全領域で、安心・安全を図り、省資源・省エネルギー・資源循環・エコライフなどに配慮します。特に、印刷事業の特性に沿い、なおかつ唯一無二のIT技術応用で、全社での情報共有を促進することで作業の効率化を行い、さらにミスをなくすことを重点的に進めます。
環境汚染を未然に防止すると共に、環境経営システムと環境保全実績が継続的に改善できるように推進します。印刷事業としては、印刷機からの排水の水質のチェックを行い、環境汚染の防止を積極的に行います。
環境関連法令と当社が参加した協定等を遵守することはもとより、環境管理レベルの向上を図ります。
次の事項を重点的なテーマとして、環境目標を設定し、必要があれば目標を見直すなどの効果的な取り組みを行います。
(1) 「環境への負荷チェック」の結果、著しい項目に対する改善目標管理、特に、CO2排出抑制、廃棄物排出抑制については、改善目標値を設けて目標管理を行う。総排水量抑制については、改善方法の検討を行う。
(2) プラスチック類の分別とリサイクルに関する検討を推進する。
(3) 自動車の排気ガスによる環境汚染を防止する対策を計画的に推進する。
(4) エアコン、エレベータの運用についての数値管理を行い、使用電力量の削減を行う。
環境教育・訓練、社内広報活動の実施により、すべての構成員に環境方針を周知徹底すると共に、環境保全に関する意識を高め、社内における環境保全状況の知識・認識の向上を図ります。また、全社員が参画できるイベントを設け、喜んで参加できる環境を整備します。

-この環境方針は、社外にも公開します
-2008年5月31日
株式会社ディグ 代表取締役  杉井 康之

環境活動レポート2015

お知らせ

PAGE TOP